伊勢崎銘仙アーカイブス
TOP  topページへもどる

BANK 銀行

 伊勢崎の機屋が中心で銀行を設立






 明治時代
伊勢崎織物同業組合が
 地元経済のセンター
 として機能

 金融機関2行が組合
 の周辺にオープン

 明治37年刊行
「群馬県営業便覧」
 より作成





  機屋は原料の糸を仕入れてから、買継商から代金を受け取るまでの期間が長く糸商や
 下職・出機への支払資金が必要とされた また買継商からはサイトの長い手形での支払いも
 多かった
  このことから、取引を大きくする上にも金融機関が必要とされた


 三十九銀行(後の群馬銀行)出張所開設

  明治20年に下城弥一郎は前橋にできた第三十九国立銀行の出張所を伊勢崎の市場開設日
 に開設させた



 伊勢崎銀行の設立


 明治21年10月に機屋が中心になり
 株式会社伊勢崎銀行を設立した
 取締役の5名は
  頭取 小暮英三郎 伊勢崎織物同業組合理事長歴任 
     森村堯太(初代)
     中沢豊七(初代)
     町田傳七郎、
     羽尾勘七  伊勢崎織物同業組合理事長歴任



 所在地:現在の伊勢崎織物協同組合の西側


 境銀行の設立

 明治29年6月機業家と小売商が中心となり境銀行を設立
        社 長 栗原大三郎  後に世良田村村長?
        取締役 森村熊蔵   伊勢崎織物商工組合組長(明治30年8月逝去)
            永井伝松   糸繭商
            市橋鷲五郎  鉄物商
            堀米鷲太郎  不明
        監査役 石原清助   後に剛志村村長?

 明治37年4月 伊勢崎銀行境支店となる


 群馬商業銀行の設立



 伊勢崎銀行の規模は小さく十分な貸出は出来ず、
下城弥一郎は中央から金融機関の誘致を画策してきた
明治33年人脈を生かし伊勢崎出身の代議士細野次郎の紹介により安田財閥の安田善次郎からの出資で
株式会社群馬商業銀行の設立を果たした




 所在地:現在の足利銀行伊勢崎支店の辺りで伊勢崎織物同業組合の正門に位置した






 明治37年2月 群馬商業銀行境出張所開設
 明治39年1月 群馬商業銀行境支店に昇格
 大正 5年9月 合併により明治商業銀行境支店
 (写真は大正9年の明治商業銀行境支店の新店舗)





 伊勢崎銀行と群馬商業銀行の沿革


  伊勢崎は2行の金融機関が争い産地の発展に貢献した

和 暦   伊勢崎銀行
合併し現在の群馬銀行
 群馬商業銀行
合併し現在のみずほ銀行
 その他
 明治20年 5月      三十九銀行出張所開設
下城弥一郎が要請
 明治21年10月  ㈱伊勢崎銀行設立
   
 明治33年 6月    ㈱群馬商業銀行設立  
 大正 5年 9月    明治商業銀行に合併し
伊勢崎支店となる
 
 大正10年 3月      足利銀行伊勢崎支店
開設
 大正12年11月    安田銀行に合併  
 昭和 3年 1月      伊勢崎信用金庫設立
(現在のアイオー信用
金庫)
 昭和 3年 7月  群馬銀行(第1次)と
合併し群馬中央銀行と
なる
   
 昭和 7年10月  群馬大同銀行に改称    
 昭和23年10月    財閥解体により
富士銀行に改称
 
 昭和29年 5月      東毛信用組合設立
(現在のあかぎ信用
組合)
 昭和30年 1月  群馬銀行(第2次)
に改称
   
 昭和47年 7月    富士銀行伊勢崎支店
廃止(現在のみずほ銀
行)