伊勢崎銘仙アーカイブス
TOP  topページへもどる

 伊勢崎地域別 旧佐波郡 境町(さかいまち)






 佐波郡境町は平成17年(2005)1月1日に
 平成の大合併で伊勢崎市になった

 伊勢崎市の東南部に位置し、東には太田市に接し
 南部は利根川を挟んで埼玉県の深谷市に接する

 養蚕七分に米作三分と言われる畑作地帯で、少し
 の米は年貢に取られ,、貧しい農民は養蚕に活路
 を求めた
 収繭による糸引き、更に織物による現金収入へと
 発展
 




  「富岡製糸場と絹産業遺産群」が平成26年(2014)6月25日世界遺産に文化遺産
 として登録され、その構成4資産の1つある田島弥平旧宅が伊勢崎市の旧佐波郡境町地区
 に在る
  
  旧境町は古くから蚕糸絹業(蚕種 養蚕 製糸 銘仙)は盛んであったが、田島弥平等に
 関する蚕種の資料は多々見られものの、伊勢崎織物組合設立に携わった多くの先人がおられ
 るが特に境地区を纏めた資料はないようだ
  旧境地区出身者が伊勢崎織物組合でのイニシアティブを取ったので、伊勢崎銘仙に関する
 ことは伊勢崎織物組合に委ねたものと考える


 明治13年11月 伊勢崎町の本光時で会議を開き、太織会社の役員は投票で旧境町出身者
          が占める

         社長  宮崎栄蔵    旧境町出身
         副社長 高木孝四郎   旧境町出身
         取締役 天田定吉    旧境町出身
          〃  森村富蔵    旧境町出身 森村熊蔵の父親
         検査役 五十嵐安蔵
          〃  久保田武十郎
         計算方 鈴木浅次郎
         書記  下城弥一郎




 宮崎有敬(みやざき ゆうけい) 群馬県会議員、実業家
  天保3年(1832)~明治28年(1895)
  佐位郡采女村伊与久(現 伊勢崎市境伊与久)

明治12年(1879)初代県会議長に選任される
明治13年(1880)伊勢崎太織の粗造を視て伊勢崎太織会社を
           設立させた 行政指導である
           社長には同郷の宮崎栄蔵が就任した






 宮崎栄蔵(みやざき えいぞう)
  天保11年(1840)~明治18年(1885)46歳
  佐位郡采女村伊与久(現 伊勢崎市境伊与久)
  明治14年(1881)3月太織会社初代社長に就任
  明治15年(1882)5月病身のため退任






 森村熊蔵(もりむら くまぞう)
  嘉永3年(1850)~明治30年(1897)
  佐位郡上武士村(現 伊勢崎市境上武士)
  明治26年(1893)絹紡糸の使用問題で下城弥一郎と
    対立し組合を脱退し改良織物業組合を136人で設立した
    翌年両組合は和解し合併して伊勢崎織物商工組合を設立
  明治29年(1896)伊勢崎織物商工組合 組長(四代)に就任




  上野国 伊勢崎郷土誌 「一時関西方面に於いては、伊勢崎縞と呼ばずして森村縞又は
  伊勢崎銘仙と称する程なりし」




 伊勢崎市境地区(旧 佐波郡境町)旧市街地の絹遺産を訪ねて

    伊勢崎市境地区(旧 佐波郡境町)が島村の田島弥平旧宅に続いて
   旧市街地が絹遺産としてクローズアップされてきた
   関係者の努力の成果であると思われる





 赤レンガ倉庫
 東武鉄道境駅前に大正8年(1919)
境運輸倉庫が繭の保管用に建造した2階建の
総レンガ造り

 平成28年(2016)ぐんま絹遺産に登録へ








 旧群馬県蚕業(さんぎょう)取締所境支所
明治39年(1906)に蚕種の「微粒子病」対策
を目的に設けられ

昭和2年(1927)に現在の建物に建替えられた










 旧群馬県蚕業取締所境支所の正面扉上部には
この建物の風景をモチーフにしたステンドグラス
がある











 絹の館
 金子仲次郎は明治20年(1887)境町
で生まれ、織物で成功した
「富を残さず徳を残せ」の信念を貫き
遺志を継いだ家族は昭和54年(1979)に
時価3億円の家屋敷を境町(現 伊勢崎市)
に寄付をした





  旧金子仲次郎邸 伊勢崎市境724-1(境図書館と同じ敷地)







 絹の館には銘仙や織物関係の器械が
展示されている







  境銘仙 vs 伊勢崎銘仙 ? 

 平成27年2月21日(土) 郷土史講演会 演題「伊勢崎銘仙」 講師 青木宏

  伊勢崎市の境東公民館において標記講演会が境史談会(会長 関口吉範氏)と公民館
(館長 長谷川氏)との共催で開催された
  講演会の最後に質問の時間が有り、境史談会の役員から
  境町の元機屋が「境銘仙」として売り出したら大当たりしたが、直ぐに伊勢崎町の元機屋が
「伊勢崎銘仙」として売り出したと・・・地域ブランド名を伊勢崎に取られたと紹介した
  講師の青木氏は・・・伊勢崎織物同業組合史等に記載されている絹紡糸使用による組合分裂
 騒動を説明された








 しかし、平成3年(1991)発行
 みやま文庫 「佐波伊勢崎史帖」しの木弘明著
 P72に「銘仙」は境町の専売であると訴訟したが
 通らず、しばらく境銘仙と伊勢崎銘仙の競争があっ
 たとしている
 

 *この記事の裏付けが現時点では取れていない












 境町出身者(生年順)


  金井鳥洲(かない うじゅう) 寛政8年(1796)~安政4年(1857)
      島村出身の江戸時代の画家

  福島泰蔵(ふくしま たいぞう) 慶応2年(1866)~ 明治38年(1905)





 平塚の蚕種業を営む家に生まれる
 日本陸軍の軍人、明治35年1月弘前歩兵
 第31連隊の中隊長として、八甲田山雪中行軍
 を成功させた人物として知られる
 明治38年に日露戦争で壮烈な戦死


 八甲田山雪中行軍は新田次郎による小説
 や映画化され知られる









  古今亭今輔(ここんてい いますけ)本名 鈴木梧郎 落語家 五代目古今亭今輔を襲名
      明治31年(1898)~昭和51年(1976)
      境町仲町の織物製造業に生まれる
      日本芸術家協会会長を歴任、弟子には桂歌丸らがいる

  篠木弘明(しのき ひろあき) 大正7年(1918)~平成13年(2001)
      高崎市で生まれ、境町で菓子店「しの木」を営む 群馬県の誇る郷土史家
      生涯をかけて収集した郷土史料「俳山亭文庫」は高崎市立図書館に収まる

  石原信雄(いしはら のぶお) 大正15年(1925)~現在 日本の官僚
      境町出身、旧制太田中、東京大学法学部卒 昭和61年自治省事務次官退官
      昭和62年から7年3ヶ月官房副長官に就任し7人の総理に仕える
      平成7年東京都知事戦で青島幸男に敗退、平成の大合併では講演会や顧問
      等で尽力された 伊勢崎市名誉市民