伊勢崎銘仙アーカイブス
TOP  topページへもどる

 みやま文庫から図書「いせさき銘仙」発行


 青木宏監修による図書「いせさき銘仙」が発行になりました






     B6版 約214ページ
    8人の執筆者が異なった観点から
    「伊勢崎銘仙」を研究したものです












 表紙に使用された

 赤青黄黒白ヨロケ縞併用銘仙
(桐生織塾 和田コレクション)










両サイドは
ウズベキスタンのチャパン








 読者感想(4名)

 (伊勢崎在住 A氏 抜粋)
   いせさき銘仙については幾つかの発行物に取り上げられているのが見られますが
  それぞれが断片的なのです
   この度のみやま文庫の「いせさき銘仙」はあらゆる角度からしっかりまとめられている
  いい勉強になると共に これから文献として役に立ちます
   私は機屋の息子として育てられたので大変うれしいです
 (伊勢崎市在住 B氏 抜粋)
   本当の「銘仙」とは何かを語る爲の教本として生かして参ります
 (伊勢崎市在住 C氏 抜粋)
   銘仙の地元にいながら、今一つ銘仙のことがよく分りませんでした。
  この本を読んでおけば、他人にもいせさき銘仙のことが説明できそうで自信になります
 (高崎市在住 D氏 抜粋)
   私の文庫の一冊として保存させていただきます


   テーマ  執筆担当者
 1  監修  青木 宏(あおき ひろし)
伊勢崎市文化財調査委員会委員長
元早稲田大学非常勤講師
主な著書 伊勢崎市史、伊勢崎商工会議所五十年史
 2  伊勢崎織物史Ⅰ
江戸時代の伊勢崎織物
 菊池誠一(きくち せいいち)
元伊勢崎市文化財保護課課長補佐
主な著書 共著「田島弥平旧宅調査報告書」
 3  伊勢崎織物史Ⅱ
明治期以降の伊勢崎織物
 宮崎俊弥(みやざき としや)
元前橋国際大学教授
主な著書 群馬県農業史上下
 4  伊勢崎織物業と地域の
社会経済
 松嵜久実(まつざき ひさみ
浦和大学短期大学部教授
主な著書 地域産業の形成と発展の原理
 5  伊勢崎銘仙の技法と
その変遷
 新井正直(あらい まさなお)
群馬県繊維工業試験場研究員
主な著書 共著 別冊太陽「銘仙」
 6  伊勢崎織物関係語彙
(用語解説)
 矢島宣弘(やじま のぶひろ)
前群馬県立太田女子高校校長
主な著書 共著「ぐんまの日本一88」
 7  民俗学からみた
伊勢崎銘仙
 板橋春夫(いたばし はるお)
國學院大、慶応大、放送大等の非常勤講師
主な著書 誕生と死の民俗学 
 8  伊勢崎銘仙の近況  五十嵐満(いがらし みつる)
前群馬県立日本絹の里評価委員会委員
元(財)伊勢崎銘仙会館理事
主な著書 季刊ぐんまNo95「伊勢崎絣」
 9  技術の伝承  倉林昭次(くらばやし しょうじ)
東京新聞編集局記者
主な著書 東京新聞掲載「群馬絹の道」

      *主な著書は「いせさき銘仙」と関係がある書籍を選択し記載


   発行者のみやま文庫は群馬県知事が会長となる会員制の郷土図書出版組織です
  1冊1,500円(税込)で販売してます 一般の書店には扱っていません

  但し群馬県内では一部の書店で扱っています
  発行する図書により取扱う場所が異なります
  伊勢崎市内では 三光堂書店 伊勢崎市大手町2-15 電話0270-25-2347
                伊勢崎駅南口より徒歩3分

  詳しくはみやま文庫のホームページをご覧ください
  また、群馬県内の公立図書館にて閲覧・貸出し可能です

  みやま文庫事務局は
  🏣371-0017 前橋市日吉町1丁目9-1 群馬県立図書館4階 みやま文庫事務局
    開室時間:祝日、年末年始を除く火~金曜日の9時から17時まで
  電話027-232-4241