伊勢崎銘仙アーカイブス
TOP  topページへもどる


伊勢崎市出身者人名録



  調査続行中            伊勢崎佐波前中・前高同窓会(非公式)サイト

                     群馬県議会議員名鑑(伊勢崎版)

                     幻の「ASITAかるた」解明


 ジャンル 政治家(現役を除く)・官僚
 氏名  職業 生没年   経歴
膳桂之助
ぜん けいのすけ 
 政治家
実業家
官僚
 1887
明治20
 ~
1951
昭和26
 伊勢崎町字新町 薬舗膳浅次郎の四男として生まれる
前中退学、東大卒 日本団体生命保険(現 アクサ生命)
設立し社長 国務大臣 経済安定本部総務長官を歴任
前橋市粕川町の「膳城」を買取り県に寄付(末裔)
 *膳桂之助追想録 日本団体生命出版 1959
 中山恭子
なかやまきょうこ
 政治家
官僚
 1940
昭和15
~現在
 伊勢崎市立南小、南中、前女、東大卒 大蔵省入省
女性初の本省課長・財務局長・審議官
2007参議院議員、拉致問題担当大臣等を歴任、
2019政界引退
 石原信雄
いしはら のぶお
 官僚  1926
大正15
~現在
 境町出身 旧制太田中、東大卒 自治省事務次官
官房副長官 1995東京都知事戦で青島幸男に敗退
平成の市町村合併に尽力 伊勢崎市名誉市民
 町田とく
まちだ とく
 政治家
実業家
 1887
明治20
 ~
1950
昭和25
 町田佳聲の義姉 夫 傳七の逝去後、家業の醤油製造
業を経営、群馬県女性初県議会議員、1947カスリン
台風の際には復興に尽力した
 細野次郎
ほその じろう
 政治家  1862
文久2
 ~
1916
大正5
 伊勢崎町に生まれる 商業講習所 商科大学で学ぶ
県議会議員、衆議院議員
伊勢崎に上毛撚糸(株)・群馬商業銀行・工業学校・
工業試験場の設立に尽力
華蔵寺公園に頌徳碑が建立されている
 野村藤太
のむら とうた
 政治家
実業家
 1848
嘉永元年
 ~
1910
明治43

 日本橋に「めいせんや」を開業
 群馬県会議員

  野村藤太物語のサイト
 五十嵐吉蔵
いがらしきちぞう
 政治家  1901
明治34
 ~
1959
昭和34

 衆議院議員
 家訓「権門に媚びず 金門に下らず」

 五十嵐吉蔵家譜のサイト
 久保田円次
くぼた えんじ
 政治家  1903
明治36
 ~
1998
平成10
 足利工業学校卒、兄の茂一郎と久保田兄弟鉄工所を
設立、市会議員・県会議員・衆議院議員
1979防衛庁長官に就任するが3ヶ月で辞任
伊勢崎市名誉市民
 岡崎浩巳
おかざき ひろみ
 官僚  1953
昭和28
~現在
 伊勢崎市に生まれる 昭和47前高卒、 昭和51
東大法学部卒 総務省事務次官
嵐の櫻井翔の父親桜井俊とは前高・東大・総務省と
同年である
 宮崎有敬
みやざき ゆうけい
 政治家  1832
天保3
 ~
1895
明治28
 宮崎有敬物語のサイト

前橋公園に頌徳碑が建立されている




 ジャンル  歴史上の大人物
 氏名  分野 生没年   経歴
 福島泰蔵
ふくしま たいぞう
日本陸軍 
軍人
 1866
慶応2
 ~
1905
明治38
 新田郡世良田村(現 境平塚)で養蚕業を営む家に
生まれる
明治35年1月弘前歩兵 第31連隊の中隊長として
八甲田山雪中行軍を成功させた人物として知られる
明治38年に日露戦争で壮烈な戦死
八甲田山雪中行軍は新田次郎による小説や映画化され
「リーダーシップ論」として知られる
 国定忠治
くにさだ ちゅうじ
 侠客  1810
文化7
 ~
1851
嘉永3年
佐位郡国定村に生まれる 僭称は長岡 名は忠次郎
父の家業は養蚕農家で糸繭商を兼ねる
博徒 「強きをくじき、弱きを助ける」侠客として
講談(宝井馬琴)、歌舞伎(尾上菊五郎)、八木節
映画(片岡千恵蔵)、芝居(北島三郎)、浪曲、
東海林太郎の「赤城の子守唄」で知られる
上毛かるたで「雷と空風義理人情」と詠まれる
萩原朔太郎が前橋から自転車に乗り国定村で
詩「国定忠治の墓」を詠む
国定忠治の名は広辞苑に載る




 ジャンル タレント 歌手 俳優 お笑い PD
 氏名  職業  生没年  経歴
 清水紀枝
しみず のりえ
 PD  1973
昭和48
~現在
伊勢崎生まれる 伊女高(現 伊勢崎清明高)
関東学院大卒 平成8年にハウフルス入社
平成19年「秘密のケンミンSHOW」の放送
開始時からプロデューサーを担当
 相沢礼子
あいざわ れいこ
 タレント 1980
昭和55
~現在 
 伊勢崎市波志江町に生まれる 伊女、新島短大、
編入し玉川大学卒、アナウンサー
2003ミス日本グランプリ受賞
 松本典子
まつもと のりこ
 アイドル
歌手
 1968
昭和43
~現在
 伊勢崎市今泉町 旧制佐藤 本名 笘篠美和子
共愛高校入学16歳でデビュー
 志村けんの番組にレギュラー出演
 小島和也
こじま かずや
 バンド  1984
昭和59
~現在
 back number(バックナンバー)
ベース、コーラス
伊勢崎工業高等学校中退
 栗原寿
くりはら ひさし
 バンド  1985
昭和60
~現在
  back number(バックナンバー)
ドラマー
伊勢崎工業高等学校、群馬医療福祉大学卒
女優 川村ゆきえと結婚
 塩崎啓示
しおざき けいじ
 バンド  1981
昭和56
~現在
 LACCO TOWER(ラッコタワー)
ベース
群馬テレビ「ニュースeye8」ED曲
 重田雅俊
しげた まさとし
 バンド  1981
昭和56
~現在
 LACCO TOWER(ラッコタワー)
ドラム
群馬テレビ「ニュースeye8」ED曲
 真一ジェット
細谷真一
ほそや しんいち
 バンド  1981
昭和56
~現在
 LACCO TOWER(ラッコタワー)
キーボード
群馬テレビ「ニュースeye8」ED曲
実家 伊勢崎市波志江町 和菓子「柏屋製菓」
 柳澤純子
やなぎさわ
じゅんこ
 演歌歌手  1964
昭和39
~現在
伊勢崎市宮前町に生まれる
1983歌手デビュー
 SUBARUのCMに「あなたに片思い」が使われた
2010「八ッ場エレジー」をカバー
 天田俊明
あまだ としあき
 俳優  1934
昭和9
~現在
 昭和28年前橋高等学校卒業
「七人の刑事」「太陽にほえろ!」等に出演
前高の同級生に「サンデン」の牛久保雅美氏が
おり「サンデン」のCMにも出演
 今井清隆
いまい きよたか
 俳優  1957
昭和32
~現在
 昭和51年(1976)伊勢崎工業高校卒
ミュージカル俳優 劇団四季入団
1991菊田一夫演劇賞(レ・ミゼラブル)
 生形理菜
うぶかた りな
 俳優  1988
昭和63
~現在
 群馬県立前橋女子高等学校卒
ミュージカル俳優 劇団四季入団
長野千紘とは小・中学校の同級生
 長野千紘
ながの ちひろ
 俳優  1987
昭和62
~現在
 大阪芸術大学舞台芸術学科卒業
ミュージカル俳優 劇団四季入団
生形理菜とは小・中学校の同級生
 矢内雄一郎
やない
ゆういちろう
 アナウ
ンサー
 1980
昭和55
~現在
三郷小、第三中、県立中央高、東京学芸大卒
テレビ東京のアナウンサー
 古今亭今輔
ここんてい
いますけ
鈴木五郎
すずき ごろう 
 落語家  1898
明治31
 ~
1976
昭和51
 境町仲町の織物製造業に生まれる
初代三遊亭円右に入門
日本芸術家協会会長に就任
弟子には桂米丸・桂歌丸らがいる
 昭和こいる
庄田太一
しょうだ たいち
 漫才  1944
昭和19
~現在
 漫才コンビ 昭和のいる・こいる
日本大学芸術学部中退 1966コンビ結成
1976NHK漫才コンクール最優秀賞
漫才協会理事
 春風亭勢朝
しゅんぷうてい
せいちょう
高橋俊人
たかはし としひと
 落語家  1962
昭和37
~現在
 伊勢崎市南町(現 緑町)に生まれる
群馬県立伊勢崎商業高等学校卒
1979春風亭柳朝に入門
 柳家つばめ
やなぎや つばめ
宮尾正造
みやお しょうぞう
 落語家  1884
明治17
 ~
1942
昭和17
 機織業「宮商」?に生まれる
3代目柳家小さんに弟子入り、大正7年三代目
柳家つばめを襲名
次男が宮尾たか志(漫談家)
 加藤義雄
かとう よしお
 八木節  1935
昭和10
~現在
  伊勢崎市に生まれる
「上州八木節会」会長
町田佳聲作曲の「伊勢崎小唄、からりこ節」
の普及保存に尽力
平成16年天皇、皇后両陛下とデンマーク女王夫妻
が来県され、群馬県庁において「上州八木節会」
が八木節を演じた
キングレコード「日本の民謡 東日本編ベスト」CD




 ジャンル 芸術家
 氏名  職業  生没年  経歴
 神谷郁代
かみや いくよ
 ピアニスト  1946
昭和21
~現在
旧伊勢崎女子高(現 伊勢崎清明高)に1年通い
 桐朋学園高校に転校、ドイツのエッセン音楽院
に留学、特にベートーヴェンの演奏で知られる
 斎藤茂
さいとう しげる
 芸能評論家
画家
 1922
大正11
 ~
2000
平成12
 白水楼 斎藤太七の孫 昭和16年旧制前中卒、
早稲田大学を卒業 平凡出版 現マガジンハウス
に勤務し編集長を歴任
画家としても活躍 俳優の加山雄三とはビジネス
や絵画を通じての交流があった
前中時代は俳優の小林桂樹と同級生で生涯交際
 あだち充
あだち みつる
安達充
 漫画家  1951
昭和26
~現在
 伊勢崎市今泉町で生まれる 北小、北中、前商卒
1982「タッチ」で一躍人気になる
 小林真理
こばやし まり
 アート
ディレクター
 不明
~現在
 伊勢崎市今泉町に生まれる (株)スタルカ代表
画家、装幀家、美術ジャーナリスト
主な著書「和のうつわ」平凡社
NHK美の壺「装丁」に出演
 町田佳聲
まちだ かしょう
 邦楽・民謡
研究家
 1888
明治21
 ~
1981
昭和56
 町田佳聲のサイト
 礒部草丘
いそべ そうきゅう
 日本画家  1897
明治30
 ~
1967
昭和42
 礒部草丘のサイト
 森村酉三
もりむら とりぞう
 鋳金工芸家  1897
明治30
 ~
1949
昭和24
 森村酉三のサイト
 田中寿々
たなか すず
 鋳金工芸家  1903
昭和36
 ~
2001
平成13
旧姓 須賀、大正13年森村酉三と結婚
酉三の逝去後、洋画家 田中佐一郎と再婚 

 森村酉三のサイト
 金井烏洲
かない うじゅう

日本画家
 1796
寛政8
 ~
1857
安政4
 佐位郡島村に生まれる 本名は時敏 等
烏洲は号 春木南湖、谷文晁に学び
関東南画家の一人として名を成した
江戸時代後期の画家
 弥勒寺音次郎
みろくじ おとじろう
 宮大工  1796
寛政8
 ~
1869
明治2
那波郡長沼村に生まれる
佐位郡下渕名村の宮大工の養子となり、後に
弥勒寺姓を名乗る
近郷の社寺造りに力量を発揮し
赤城神社本殿(境平塚)、伊勢崎神社等
その子、音八(おとはち)も彫工として優れ、
茨城県の笠間稲荷本殿等を手がける




 ジャンル 医者
 氏名 専門 生没年   経歴
 吉沢惟雄
よしざわ これお
 結核治療
県会議員
俳句
 1885
明治18
 ~
1974
昭和49
 母は小暮栄三郎(伊勢崎銀行 初代頭取)の三女、
明治37年前中卒、旧制一高、大正元年東京帝国
大学医学部卒、同大にて結核の研究 医学博士
関東大震災で帰郷し三郷村安堀に吉沢医院を開業
昭和17~22年県議会議員、俳号を「広瀬」
広瀬川畔に句碑がある
 高橋孝太郎
たかはしこうたろう
 労働
衛生学
 1886
明治19
 ~
没年不明
 12月20日伊勢崎町1065 高橋惣吉の次男として生
明治39年前橋中卒(町田佳聲と同級)
 明治44年千葉医専卒、陸軍軍医 兵器工場の
工場衛生を研究 ドイツ ミュンヘン大学へ留学
大正14年大阪帝国大学より医学博士を授与
労働衛生学の先駆者
昭和2年滋養強壮ドリンク「どりこの」を開発
昭和初期に佐波郷友会 共同宿舎の監督をする
田園調布の自宅付近に「どりこの坂」が現存する
 野島美久
のじま よしひさ
 リウマチ
腎臓病
1953
昭和28
~現在 
 伊勢崎市に生まれる 昭和47年前高卒、東大
医学部卒、東大医科学研究所等を歴任し
平成23年群馬大学病院 院長
現在は退官し、高崎市の井上病院に所属
 栗原克由
くりはら かつよし
 法医学  1950
昭和25
~現在
 伊勢崎市に生まれる 昭和44年前高卒、
北里大学医学部卒 法医学の第一人者
北里大学医学部教授、平成28年名誉教授
慶応義塾大学医学部で法医学を教える
 松井瑞夫
まつい みずお
 眼科医  1930
昭和5年
 ~
2013
平成25
 昭和22年前高 慶応大学医学部卒
日本大学医学部教授 眼科医
日本眼科学会理事長 日本大学名誉教授




 ジャンル 経営者
 氏名 会社名 生没年   経歴
 土屋裕雅
つちや ひろまさ
 カインズ  1966
昭和41
~現在
 伊勢崎市に土屋嘉雄の長男として生まれる
昭和60年前橋高等学校卒、早稲田大学商学部卒
野村証券に6年勤務後、平成10年カインズ入社
平成14年社長、平成30年会長に就任
年商4,214億円(2019年12月末)
 森村堯太(初代)
もりむら ぎょうた
 伊勢崎
銀行
 1863
文久3
 ~
1923
大正12
 群馬金融界のリーダー
明治20年 キリスト教入信、後に共愛社社長
明治21年 伊勢崎銀行設立、後に頭取
明治23年 群馬県会議員

 銀行のサイト
 森村堯太(二代目)
森村良策
もりむら りょうさく
 群馬銀行  1887
明治20
 ~
1952
昭和27
 森村堯太(初代)の長男
明治39年旧制前橋中学校卒、
明治45年慶応義塾理財科卒
大正12年家督を相続し名前を堯太に改名
群馬銀行(第1次)頭取
前橋共愛女学校理事

 銀行のサイト
 牛久保海平
うしくぼ かいへい
 サンデン  1905
明治38
 ~
1999
平成11
機屋から世界のサンデンへ
 
 牛久保海平物語のサイト
 窪田涛三郎
くぼたとうざぶろう
 栗豊  1905
明治38
 ~
2001
平成13
日本最大の銘仙買継商

 窪田涛三郎物語のサイト

小暮欽一郎
こぐれきんいちろう
 経営コンサ
ルタント
 1924
大正13
 ~
1994
平成6
 大正13年7月 佐波郡三郷村に生まれる
戦後、一時 伊勢崎市役所に勤務
後に群馬銀行に入行 経営相談室長、支店長を
歴任
昭和36年 日本経営士会・経営士登録
昭和44年 経営コンサルタント独立開業
県内の中堅企業を中心に経営指導を行う
伊勢崎商工会議所の商工調停士として企業再建
に尽力 群馬県で初のプロ経営コンサルタント
 徳江八郎
とくえ はちろう
 徳江製糸所  1845
弘化2
 ~
1909
明治42
 佐位郡中島村(現 伊勢崎市境中島)で生まれる
伊勢崎で初の工場制機械工業を経営

 徳江八郎物語のサイト
 五十嵐勝弥
いがらし かつや
 光文社  1897
明治30
 ~
1975
昭和50
佐波郡豊受村に生まれる 豊受小卒後、国民銀行
 に就職し頭取の家から通学し中央大学を卒業、
講談社に就職後、昭和20年光文社の設立に
参画
昭和45年社長に就任、カッパブックスシリーズ
「女性自身」等を出版
 小林桂助
こばやし けいすけ
 貿易商  1846
弘化3
 ~
1917
大正7
伊勢崎町字西町に生まれる
横浜でハッカの貿易商を営む 小林桂株式会社
時報鐘楼の建設資金を寄付し大正4年に完成
大正12年関東大震災で店・工場を焼失し
本社を横浜から神戸へ移転
小林桂助(2・3代目)は鳥卵の研究者で知
られる
 森村國夫
もりむら くにお
 エバラ
食品工業
 1919
大正8
 ~
2010
平成22
 佐波郡剛志村上武士に生まれる 14歳で上京し
次兄 武次郎の会社で働きながら町田報徳学舎の
夜学を卒業
戦後、昭和33年次兄の会社の子会社荏原食品
を任せられる 昭和43年エバラ食品工業
に商号変更
昭和53年「焼肉のたれ 黄金味」で大ヒット
 石原聰一
いしはら そういち
 鐘紡
カネボウ
 1932
昭和7
 ~
没年不明
佐波郡殖蓮村上植木 石原英治郎の長男
昭和26年群馬県立前橋高等学校卒、
昭和30年慶応義塾大学経済学部
鐘淵紡績入社、昭和48年新町工場長
昭和55年本社人事部長となるが、家業「石英」
を継ぐため退社、石英(株)代表取締役
平成元年カネボウ社長の要請により鐘紡へ再入社
平成6年カネボウ社長に就任、平成8年会長
平成14年群馬県教育委員会委員、後に委員長
 齋藤尚一
さいとう しょういち
 トヨタ
自動車工業
会長
 1908
明治41
 ~
1981
昭和56
父 吉廣は県立工業学校校長 
伊勢崎北小、昭和2年県立前橋中学校卒業、
昭和11年東北帝国大学工学部卒 工学博士
豊田自動織機自動車部入社
トヨタ自動車創業者 豊田喜一郎の国産車開発を
技術者として補佐する
昭和47年~昭和53年トヨタ自動車工業会長
 品川實
しながわ みのる
 ユーキャン
創業者
 1917
大正6
 ~
2009
平成21
 伊勢崎市に生まれる
昭和29年 東京人形学院設立
昭和49年 関連法人を統合し
(株)日本通信教育連盟を設立
昭和59年 伊勢崎市に高額を寄付し紺綬褒章
平成18年 ユーキャンに社名変更
 丸橋嘉蔵
まるばし かぞう
 まるか食品
創業者
 1905
明治38
 ~
没年不明
佐波郡茂呂村に生まれる
昭和4年佐波郡伊勢崎町川久保町で製麺業
昭和37年(有)丸橋製麺工場設立即席ラーメン
製造、丸橋嘉蔵の名前から丸と嘉をとり
まるか 昭和39年まるか食品(株)設立
昭和48年ペヤングヌードル販売
昭和50年ペヤングソース焼きそば販売大ヒット
昭和52年~昭和60年 伊勢崎法人会理事
昭和53年伊勢崎税務署長感謝状
昭和59年~平成5年伊勢崎商工会議所議員
「無借金経営」で知られる




 ジャンル チャレンジャー アドベンチャー
 氏名  職業 生没年   経歴
 森村新蔵
もりむら しんぞう
 日本全国
を旅
 1794
寛政6
 ~
1874
明治7
 那波郡連取村の名主森村新蔵家の三代目として生
まれる
文政4年(1821)家督を継ぐ
日本各地を踏破
「亨和以来新聞録」「北国見聞記」「西国見聞記」
等、自筆の記録で江戸時代末期の世相・生活を知る
文献 伊勢崎市指定重要文化財「森村家の文書」
 相川之賀
あいかわ しが
 考古品
収集家
 1866
慶応2
 ~
1950
昭和25
 伊勢崎市三光町の名主の生れ、赤石学校卒業
明治19年 渡米、その後カナダへ、インディアン
の民俗資料を収集し東大へ寄贈
大正2年 帰国後、本県の考古資料収集、国指定重要
文化財の埴輪像4件がある
没後に遺族が相川考古館を開設
 (公財)相川考古館
 矢島保治郎
やじま やすじろう
 探検家
軍人
 1882
明治15
 ~
1963
昭和38
 佐位郡殖蓮村に生まれる
群馬県尋常中学校(現 前高)に入学するが中退、
日露戦争に従軍、軍曹に昇格
河口慧海(かわぐち えかい)の「西蔵旅行記」に
刺激され明治42年世界無銭旅行に旅立つ
大正2年 チベット軍の軍事顧問に就任
大正7年国外退去で帰国、晩年を前橋で過ごす




 ジャンル スポーツ
 氏名  分野 生没年   経歴
 鈴木惣太郎
すずき そうたろう
 野球  1890
明治23
 ~
1982
昭和57
 佐波郡伊勢崎町に生まれる 明治41年旧制前中卒、
大倉高商英語科卒、渡米しアメリカのプロ野球を
学ぶ、正力松太郎の米国大リーグ招聘に尽力
昭和43年 野球殿堂入り、昭和48年 勲三等瑞宝章
伊勢崎市営野球場を「鈴木惣太郎記念球場」と命名
「日本プロ野球の生みの親」と云われる
 小林弘
こばやし ひろし
 プロボ
クサー
 1944
昭和19
~現在
 伊勢崎南中卒、
元WBA・WBC世界スーパーフェザー級チャンピオン
「雑草の男・小林」の異名
 関川哲夫
せきがわ てつお
 プロレス  1951
昭和26
 ~
2017
平成29
父は群馬県会議員・織物組合副理事長の関川勝三郎 
昭和44年伊勢崎工業高等学校卒 中央大学法学部中退
柔道・相撲(四股名 関川)昭和47年プロレスに転向
プロレスラー ミスターポーゴ
平成15年伊勢崎市議選に立候補
 井野修
いの おさむ
 プロ野球
審判員
 1954
昭和29
~現在
 宮郷小、宮郷中、昭和48年前高卒、神奈川大学
経済学部卒
日本野球機構審判部
 八木たまみ
やぎ たまみ
 走高跳  1958
昭和33
~現在
 伊勢崎市連取村に生まれる 殖蓮中、太田市商、
関東学園大学卒
日本人女子初の1m90の壁を超えた
1980モスクワオリンピックの不参加で出場ならず
 松本稔
まつもと みのる
 高校野球  1960
昭和35
~現在
 伊勢崎市馬見塚町に生まれる
昭和54年前高卒、筑波大大学院卒
昭和53年第50回選抜で
高校野球史上初の完全試合を達成した
現在は県立中央中等教育学校教諭
 諏訪利成
すわ としなり
 マラソン  1977
昭和52
~現在
佐波郡東村に生まれる 桐生工高、東海大学卒
大学時代は箱根駅伝で「花の二区」を走る
日清食品に入社、2004アテネオリンピックに出場
2003 2時間7分55秒
現在はコーチを務めている 




 ジャンル 文学
 氏名  職業 生没年   経歴
 岡部宇一郎
おかべ ういちろう
 詩人
市助役
経営者
 1902
明治35
 ~
2002
平成14
明治35年茂呂村の農家に生まれる 
大正5年 佐波郡茂呂尋常高等小学校卒後に
俳句や詩を始める 大正13年茂呂村役場に勤務
横堀真太郎の同人誌に参加、昭和30年伊勢崎市
助役、昭和35年千代田工業(株)社長
昭和53年「岡部宇一郎詩集」発行
石碑(詩碑)が広瀬川湖畔に建立されている
 須田満
すだ みつる
 作家
経営者
 1940
昭和15
~現在
 昭和15年伊勢崎市に生まれる
伊勢崎市立宮郷中卒、現 サンデン(株)に勤務後に
独立開業しニチアングループ会長
その間に、群馬県立高崎高等学校通信制、
放送大学教養学部卒
主な著書 平成6年「風の便り」
平成10年「ステンカ・ラージンの遺産」
平成13年「こんこちのぶやん」
 相川俊英
あいかわ としひで
 地方自治
ジャーナ
リスト
 1956
昭和31
~現在
 昭和31年伊勢崎市に生まれる
昭和50年群馬県立前橋高等学校卒
早稲田大学法学部卒 文化放送報道部記者を経て
地方自治ジャーナリスト
田原総一朗の「サンデープロジェクト」に出演
未来政治塾講師
主な著書平成7年「がんばれ!ニッポン最低企業」
「地方議会を再生する」「トンデモ地方議員の問
題」等多数あり
 茂木克美
もぎ かつよし
 川柳
経営者
 1937
昭和12
~現在
 昭和12年伊勢崎市に生まれる
昭和30年群馬県立前橋高等学校卒
早稲田大学商学部卒、家業の(株)茂木園を継ぐ
柳号 秋山春海(あきやま はるうみ)、青龍舎
上州時事川柳クラブ会長
主な著書 「伊勢崎の川柳遺産ここにあり」
平成30年「秋山春海」
カルタの制作「上州群馬漢字歌留多」
「ほこらかるた」等
 森村俊之助
もりむら としのすけ
 文学  1933
昭和8年
~現在
 昭和8年伊勢崎市に生まれる
伊勢崎商業高等学校卒
伊勢崎市役所に勤務
総務部長時代に市長代行
伊勢崎文学会主宰、「伊勢崎文学」発行
 関口芙沙恵
せきぐち ふさえ
 小説家  1944
昭和19
~現在
 伊勢崎市境島村に生まれる 本名 房枝
埼玉県立本庄高等学校卒業
昭和2年 「蜂の殺意」で第8回サントリー
ミステリー大賞読者賞を受賞
平成15年時代小説「修羅の川」を発表
 横堀真太郎
よこぼり しんたろう
 詩人
作曲
教育者
 1902
明治35
 ~
1976
昭和51
 佐波郡三郷村に生まれる
群馬師範を卒業、県内各地小・中学校で教師、
校長を歴任 筆名 赤城ゆたか 同人誌「明日」に
参加、同人誌「童謡詩人」「童謡祭」を発行
作詞・作曲を併せ1500以上の作品を残す
代表作は「鈴つけお馬」(作詞)等
 横堀恒子
よこぼり つねこ
 作詞家
政治家
 1907
明治40
 ~
1972
昭和47
本名 ツ子 (つね)
幼少の頃、渋沢栄一の生家で養育され
その後、豊受小、桐生高等女学校卒
在学時から文学少女と云われた
昭和4年横堀真太郎と結婚し筆名を横堀恒子
夫の真太郎の作曲による「花の幌馬車」を代
表曲に町田佳聲作曲「機場むすめ」等の28曲
のレコード作品を残す
伊勢崎市立三郷小学校の校歌を作詞
三郷村の女性初村会議員
 富岡啓二
とみおか けいじ
 詩人  1927
昭和2
 ~
1955
昭和30
 伊勢崎町栄町85に生まれる
富岡郁夫の兄、昭和19年前中4年から
桐生高専機械科に入学
詩に傾注し昭和21年桐生高専中退
昭和22年水戸高等学校文科甲類に
入学するが結核で中退、闘病と詩作の生活
「牧神の午後によせて」等を発表
昭和30年結核で逝去
夭折(ようせつ)の天才詩人
 参考:鐘楼のある街




 ジャンル 教育
 氏名  分野 生没年   経歴
 中島徳蔵
なかじま とくぞう
 倫理学  1864
元治元年
 ~
1940
昭和15
 佐位郡今井村に生まれる
明治18年群馬県中学校(現 前高)卒、
明治27年帝国大学哲学科専科終了、哲学館
(現 東洋大学)、東京工業学校(現 東京工業大学)
等で倫理学の教鞭をとる
徳蔵を有名にしたのが明治35年哲学堂事件である
大正元年東洋大学学長に就任
日本における倫理学の第一人者
 松本宏洞
まつもと こうどう
 教育
日本画家
書家
 1827
文政10
 ~
1911
明治44
 那波郡大正寺村に文政10年11月15日生まれる
本名を詢( まこと)、字(あざな)を子均(しきん)
号を宏洞(こうどう)
江戸に出て書を中沢雪城、絵を福田半香、漢詩を
儒者の大橋納庵に学ぶ
明治元年村内に郷学 行余堂を開く
門下生には野村藤太、徳江亥之助、五十嵐栄三郎
サンデンの創業者 牛久保海平の名付け親
頌徳碑が大正寺町公民館の付近に建立されている
 新井雀里
あらい じゃくり
 漢学者
教育者
 1813
文化10
 ~
1900
明治33
学習堂の頭取
現 宗高町に南淵塾(なんえんじゅく)を開く
門下生 森村堯太 宇野菜花洞
国定忠治の墓碑銘を手掛けた




 ジャンル 学者・研究者
 氏名  分野 生没年   経歴
 田島弥太郎
たじま やたろう
 遺伝学  1913
大正2
 ~
2009
平成21
 世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」の田島弥平
旧宅の田島弥平の一門末裔、佐波郡島村の蚕種屋に
生まれる
埼玉県立本庄中学校 東京高等蚕糸(東京農工大学)
九州帝国大学農学部で遺伝学を学ぶ
蚕の突然変異、遺伝子操作の研究
1998群馬県立日本絹の里 初代館長
2004富岡製糸場世界遺産登録推進委員会会長
 町田徳之助
まちだ とくのすけ
 仏文学  1920
大正9
 ~
2004
平成16
 町田佳聲の甥、父 町田浜次と母 とく の三男
昭和13年旧制前中卒後、早稲田大学大学院で仏文学
を専攻
昭和33年早稲田大学教授に就任
 主な著書「隠蔽の幻惑 ヨーロッパ的知の行方」
「暫定的生としての世界 現代文明のディレンマ」
 斎藤良輔
さいとう りょうすけ
 玩具
おもちゃ
 1911
明治44
 ~
1996
平成8年
 白水楼 斎藤太七の孫 旧制太田中卒、早稲田大学
文学部を卒業、昭和11年朝日新聞社会部に入社
「週刊朝日」副編集長等を歴任 ジャーナリスト
入社当時からおもちゃの研究をし
主な著書に「日本の郷土玩具」「おもちゃと玩具」
「郷土玩具辞典」等多数
女子聖学院短大で児童文化の講師
おもちゃ研究の第一人者
 荻原清治
おぎわら きよはる
 生糸  1903
明治36
 ~
1976
昭和51
佐波郡宮郷村に生まれる
大正11年上田蚕糸専門学校入学
 信州大学繊維学部教授 農学博士
昭和9年「煮繭論 しゃけんろん」発行
昭和53年旧宮郷公民館敷地に胸像建立